ヤマテンだからできること

手作り山の天気予報のヤマテン

手作り予報だからこその予報精度

自動計算された予報が多い中で、山岳気象に精通した気象予報士が山特有の気象条件や地形などを徹底的に検証して作った予報です。

全国18山域59山の山頂予報を毎日発表

全国18山域59山の山頂予報を毎日発表

全国の主要な山域、山頂のピンポイント予報(翌日、翌々日)を毎日1回配信。計画中や直前、登山中のチェックにも便利です。

計画から山行中までトータルサポート

計画から山行中までトータルサポート

毎週木曜日の「今週末のおすすめ山域」情報や、お盆・年末年始・GW期間前の週間予報。大荒れ情報、落雷警戒情報などのアラート配信など豊富な情報。

ヤマテンロゴ

月額330円(税込)で全ての予報、天気図が見放題!

メール配信の解除や退会もいつでも行えます。

実際に配信された予報のサンプル公開中!

「山岳専門予報」の強み

登山者目線の手作り予報

雨、晴れ、などの単なる天気の予想だけでなく、同じ雨でも登山に危険なレベルの雨なのか、風を伴って低体温症のリスクが高まるのか、 など登山者の行動判断に役立つ予報を心がけています。また、同じ山でも場所によって天気が異なる状況などをお知らせしたり、低体温症や落雷、沢の増水など具体的な気象リスクを予想し、「登山者目線」での予報を行います。

「予報精度」にこだわります

予報を行うのは山岳気象予報の第一人者猪熊 隆之率いる専門家チーム。多くの予報サイトがAIやコンピュータの計算結果から予報を導き出すのに対して、ヤマテンではこれらの予報では表現できない、山特有の気象条件や地形を加味して気象予報士が手作りで作成した予報です。毎日、予報結果を検証した長年の積み重ねが「山の天気でもっとも精度の高い予報」という評価をいただいております。

楽しく安全な登山は天気から

こんな時に使えます

登山計画にヤマテン

1. 登山計画を立てるときに

登山を実行するかどうかや、どこの山に行くのかを決める ときには、毎週木曜日に発表される「今週末の おすすめ山域」で天気が良い山を選択。お盆、年末年始、 GWなど大型連休には7日先、5日先までの 予報を発表します。

登山前にヤマテン

2. 登山前に

行く山が決まったら、出発前に山頂天気予報を チェック。メールでの受信も可能なので、 電波が届く場所なら山行中も予報の受信が可能です。 大荒れ情報が発表されるときは、 登山の中止や計画の見直しを。

登山中にヤマテン

3. 登山中に

予報は100%ではなく、外れることもあります。 予想と違う天気になったときや、周囲で怪しい雲が 出てきたときは、予報ページで雨雲レーダーや雷レーダーを チェック。また、「落雷と強雨に関する警戒情報」が 配信されたときには、安全な場所にすぐ避難を。

ヤマテンロゴ

月額330円(税込)で全ての予報、天気図が見放題!

メール配信の解除や退会もいつでも行えます。

予報サンプル

実際に配信された予報の主なサンプルです。
会員になればいつでもこれらの情報へのアクセスやメールでの受信が行えます。

予報士コメントと警戒情報

槍ヶ岳 天気予報コメント

24日(火):温帯低気圧は北海道の東海上に抜けて冬型のような気圧配置となる。また、上空に寒気も流れこんでくる見込み。このため、上部では霧に覆われて昼前からは飛騨(岐阜県)側を中心ににわか雨が降りやすくなり、午後は気温も下がっていく。ただし、常念山脈や上高地周辺、乗鞍岳東面では朝夕、青空がのぞく見込み。森林限界より上部の歩行は低体温症に十分注意を。警戒事項:強風による転滑落、低体温症
25日(水):日本海から張り出す高気圧に覆われて晴れる。稜線の風も落ち着くが、朝晩は冷え込む見込み。防寒対策はしっかりと。午後遅くなると、常念山脈の安曇野側では低い雲に覆われていく。 担当予報士:猪熊

山頂の時系列予報

富士山山頂の時系列予報

富士山山頂の天気 時系列予報のサンプル ヤマテン

山のライブカメラ

LIVE

八ヶ岳ライブカメラ

山小屋などに設置してあるライブカメラで、山頂や稜線の天気をチェック。山麓で天気が悪くても上部では天気が良いことがあります。そんなときは、登山を中止する前に、ライブカメラをチェックしましょう(一部のライブカメラは山麓からの画像になります)。

今週末のおすすめ山域

連休のおすすめ山域(中部山岳エリア版)

秋分の日連休中のおすすめ山域
9月20日11時発表

●中部山岳(北・中央・南アルプス、八ヶ岳、御嶽山、白山、奥秩父)
22日(土)は午後の北アルプス、白山で次第に天気が回復していき、おすすめ。他も富士山を除き、夕方になると回復していく。23日(日)午前中は全ての山域でおすすめ。午後も大きく天気が崩れることはなく、貴重な晴天の一日となりそう(中略)。 以上の状況から、次のような行程がおすすめです。
22日(土)午後から行動開始し、中腹あるいは、脚の早い方は稜線の山小屋泊。23日(日)に登頂、または稜線の行動。北アルプス、白山、中央アルプス、御嶽ではこの日のうちに安全地帯まで下山。(中略)

年末年始、GW、お盆期間、シルバーウィークなど
大型連休を対象とした週間天気予報も発表します。

登山者目線の大荒れ情報

大荒れ情報

実際に気象遭難が多発した日の2日前に配信した予報

北アルプス北部 白馬岳

5月3日から4日にかけて本州の南岸沿いと日本海を低気圧が発達しながら進み、通過後は一時的に冬型の気圧配置となり、上空にはこの時期としては強い寒気が流れ込んできます。 このため、3日は東北地方の太平洋側の山岳で暴風雨となり、4日は日本海側の山岳や中部山岳で次第に風雪が強まって、午後は大荒れの天気となる見込みです。表層雪崩や低体温症に厳重な警戒が必要です。 担当予報士:猪熊

さらに高度な情報も閲覧できます

周辺の雨雲と落雷状況をチェック!

●山頂周辺100kmの気象レーダー画面を表示
●2時間前から現時点まで閲覧可能
●データは5分毎に更新
●★マークは落雷のあった地点

各種専門天気図

●地上天気図・降水予想
●高層気温・風予想図 (850hPa/700hPa/500hPa)
●高層高度予想図(500hPa)
●3日先までは3時間ごと、それ以降、10日先(264時間先)までは6時間ごとの予想図を表示

ご利用者の声

天気に合わせた計画を!

以前は無料の天気予報をいくつもハシゴして、自分の都合良い予報だけを信じて何度も痛い目にあっていました。自分はガスガールと自虐ネタにしてました。しかしヤマテン予報を使うようになってから、天気に合わせて山予定を計画するようになって、一気に晴れ女に昇進しました!(神奈川県、女性/20代)

スキーヤーにも便利!

冬山はやらない私ですが、冬は自分の行くスキー場の山域を見て、風が強そうな予報ならゴンドラ止まると思ってスキー場変更したりしています笑。密かに裏ワザだと思っています。(長野県、男性/30代)

上級者も満足!

10日先までの天気図を見られるのがありがたい。降水予想図を毎日にらめっこしながら、週末はあの山にしようか、この山にしようかと一喜一憂するのがひそかな楽しみになりました(愛知県、男性/50代)

間一髪の土砂降り

双六から三俣蓮華岳に縦走した時に、双六小屋で怪しい雲に囲まれましたが、ヤマテンサイトの雨雲レーダーを確認し、計画変更した事で、一滴の雨にも合わず三俣蓮華小屋に入ることが出来ました!小屋に入って五分で土砂降り!その時はガッツポーズが出てしまいました笑(岐阜県、女性/40代)

ヤマテンの主な予報実績

●イッテQ登山隊(モンブラン、マッターホルン、マナスル、デナリ、アコンカグア、ビンソンマシフなど)
●三浦雄一郎氏(エベレスト3回、アコンカグア)
●24時間テレビ(キリマンジャロ、富士山、立山など)
●竹内洋岳氏(ダウラギリ、チョオユー、ローツェ、ガッシャーブルムⅡ峰、ブロードピーク)
●NHK「桐谷健太 熱帯の氷河キリマンジャロに挑む」
●「春を背負って」(東宝・木村大作監督)
● NHK「グレートサミッツ」(エベレスト、フイティン、ボリビア・サハマなど)

動作環境・対応山域等

閲覧方法・対応機種

スマートフォン/パソコン/メール配信(要登録)
従来型携帯電話でも一部閲覧可能です

対応山域

利尻/大雪・十勝/飯豊・朝日/尾瀬/谷川/奥秩父/ 丹沢/富士山/八ヶ岳/北アルプス北部/北アルプス南部/中央アルプス/南アルプス/大峰・台高/大山/石鎚/九重・阿蘇/屋久島/比良山系*
*12月1日〜3月31日の毎週金曜、土曜、祝前日のメール配信のみ

料金

有料会員サービス:月額300円
(消費税別途・クレジットカードのみ利用可能)
退会はいつでも可能です

ヤマテンロゴ

月額330円(税込)で全ての予報、天気図が見放題!

メール配信の解除や退会もいつでも行えます。